上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.28 国内債券
久々にアセットアロケーションの話ですが、今回は国内債券です。これが、一番安定資産で簡単に投資商品を選択できそうですが、自分的には結構苦慮していました。

投資を始めた頃、今と変わらない低金利で、預金において置くのと変わらないじゃないかとアセットアロケーションに全く組み入れていませんでした。しかし色々本を読んで勉強するうちに、いくら若いとは言え株式一辺倒ではマズイのではないかと今の比率まで組み入れました。その後、リーマンショック…。助かりました。

株式や他の資産が上下するところで、他の資産と相関も低いですし、リスク(ぶれ)も少ないので一本動かない芯のような資産になってくれます。
リバランスが生じるときも大抵上がりすぎた資産、下がりすぎた資産と国内債券のリバランスになることが多い(過去数回しかありませんが)。

そこで苦慮していた商品選択の件ですが、海外資産よりも、やはり国内ということで選択肢の幅があります。まあ、幅があるので悩むのですが。MMF、個人向け国債、国債、インデックスファンド、はたまた定期預金で良いんじゃないかという説もありますし。

今行っているのは、インデックスファンドで月々積立て、年2回10年国債を一定額購入です。
現在の国債価格の高さ(金利の低さ)から見れば、MMFで待機もありかと思います。しかし、いずれ上昇すると思って普通の国債ではなく、個人向け国債を買っていたのですが、5年経っても上がりませんからね(笑)。0.8%分の手数料を考えると10年国債を買っていたほうがここまでは良かった・・・。
やはりインデックス投資家として、相場を読んではいかんということで、現在のカタチにしました。

スポンサーサイト