上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/1に行われた「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」。早くも今年最後です。まだ忘年会という雰囲気ではなかったかな~。

いつもは、誰彼となく話すのですが、今回は三菱UFJ投信の方に「MAXIS海外株式上場投信」について聞きたいとお姿を捜しました。今日もいらっしゃった!ということで、質問会。ご本人はeMAXIS担当なので、ETFは分かりませんと言われていましたが、色々お話いただきました。
今回は話が専門的な部分もあり、理解不足な点がありましたらご容赦下さい。また当然三菱UFJさんのサイドからの話です。

・先行して出ている日興アセットさんのETFとの差異とアピールポイントは?
→日興さんは先物中心、当社のものはマザーファンドを通じての現物を購入。先物を避けたい方もいるし、乖離率は現物連動の方が低く出来ると考えている。

・日興ETFは配当の2重課税を避けるために先物にしたと聞いている。御社のものは2重課税は避けられないのか?
→避けられない。しかし、同じマザーを使うインデックスファンドも同様なので、ファンドで運用していた方は今までと変わらないということになる。2重課税の問題よりも、乖離率を押さえて高値掴みをするリスクを減らすことの方が重要だと思う。

・新興国のETFの計画は?
→今のところない。同じスキームだから難しいことはないが、まだ聞いていない。

他にもETFはどうしても買いたい、売りたいというプレイヤーがいると場中に乖離が出るのは致し方ない、ETFはどちらかというと機関投資家向けではないかなどのお話がありました。

先週「MAXIS海外株式上場投信」の乖離率を東証の資料で見ていましたが、まだスゴイですね・・・。
マネックスやSBIの投信残高によってもらえるポイントを考えると、いくらかETFとの信託報酬の差は縮まるんですよね。買い付け時に数パーセントの乖離で高値掴みすると、それを埋めるのに数年かかってしまうし。

う~ん、自分はまだインデックスファンド積み増しかな。

また、恒例(?)のrennyさんとのジャンケンによるプレゼント大会では、来年1/9(日)にお台場で開催のインデックス投資ナイトのチケットをGetしました!2011年にちなんで、11番の整理番号のもの。
今年皆勤賞だったご褒美だと思って有難く頂戴いたしました。ありがとうございました。