上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、マネックスグループの株主総会に出席してきました。株式を保有している企業で、土曜に開催してくれるのは、ここだけです。株主総会は単なる儀式だといいますが、平日仕事を持った個人株主にも参加し易いようにという配慮に好感が持てます。(反対に仕事関係者で当社の総会に出席している人は休日にお仕事になってしまいますが・・・)

 国内株式のところで書いた株式保有企業の選定基準からみると、経営者や企業の姿勢に共感するから保有している企業です。でなかったら、SBIを保有しています(ネット証券トップシェア)。北尾さんも嫌いではありませんが、なんか松本さんの方が共感できるので。実際に会ったこともあるから贔屓目なのでしょうか。

 さて実際の総会の模様をどこまで書いていいものやら分からないので大ざっぱですが、総会自体は基本シャンシャンでした。利益は右肩下がりですが、オリックス証券との統合で今年度どこまで伸びるかです。
 自分自身が旧来からの金融機関は、もうお財布代わり程度にしか使っていないので、ネット専業の銀行や証券は今後絶対伸びる!とITバブルが崩壊して、落ち着いたところで出資したのですが、なかなか難しいですね。ユーザーが増えるのと利益を伸ばすのは、また別物ということでしょう。

 また、総会後の株主説明会で自分も質問してみました。内容は、それ株主じゃなく顧客としての質問だろうと言われそうですが「外国株式の特定口座対応」についてです。
 松本社長が懇切丁寧に回答してくれましたが、受け取った感触としては「まだ先だなあ」という感じです。以下、簡単に内容です。

・リクエストは受けているが、企業全体としては即対応しなくてはいけないレベルにはまだない(利益に寄与するという意味で)。
・しかし、他のネット証券が行うものをしないというのも、この対応以外の部分に影響を及ぼす可能性もある(特定口座対応する会社に、他の株式や投信も移行してしまおう~みたいなことが起きる可能性)。
・現在のシステムに上乗せするというのは、コストなどの問題があり、今後の大幅なシステム変更の際の一つに織り込むという形を取りたい。

 特定口座対応してくれないかな~という顧客の立場はありますが、今回の株主という立場から見れば、コストを考える経営者として至極真っ当な判断です。
 一方で他のネット証券会社が対応してきたら、どうしようかなという判断がこちらに求められるわけですが、まあ現在の評価損が消えるまでリレー投資はしないので、そこまでに対応してくれればいいなと気長に考えておきます。
Secret

TrackBackURL
→http://hidepon07.blog82.fc2.com/tb.php/10-0576f108