上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.20 理論と実践
 いつもながら遅筆のため、少し時期を逸しましたが、日本振興銀行元会長の木村剛氏が逮捕起訴されました。新聞報道などでは、理論はあったが現場を知らなかったという記事がありました。真偽は定かではありませんが、あの人ほどの理論があっても、やはり実社会の仕事は現場で成功してなんぼなのかな~と感じました。

 しかしながら、木村氏が書いた「投資戦略の発想法」がきっかけで、自分は色々投資の本を読むようになりました。おかげで「100倍儲ける…」の類の投資本ならぬ投機・ギャンブル本を手に取ることもありませんでした。
 多少、「ああ失敗したなあ」ということはあっても、継続的に堅実と思える運用が出来ているのは木村氏の著書のお陰の部分が多々あります。悪い意味で時の人となってしまいましたが、この著書の評価は自分の中では変わりません。ここでも理論は正しかったということでしょうか。

 蛇足ながらこれから読む人は「投資戦略の発想法」は講談社の2001年版がいいと思います。既に絶版になっているのかもしれませんが、他社から出た2010年版は、今回の事件が起きる前に読んで、何か方向性変わったなあという内容だったので。
 今なら今回の件で古本屋にあるかもしれません。多少内容が古いと思いますが、本質は変わらないと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://hidepon07.blog82.fc2.com/tb.php/14-46558a24