上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回ニッセイマネジメントのインデックスシリーズの信託報酬の値下げの記事で、SBI証券の投信マイレージサービスにより手数料の逆ザヤが生じるぞと書きましたが、そこは商売。やはり、サービスの対象外にしてきました。
ん~、やはりなぁと思いながらも、SBIカード特典を使った投信マイレージサービスのポイントって大きいんだよなとガッカリしました。おおざっぱにしか計算していないのですが、-0.24%くらいになります。

これにより、従来から持っていた投信(三井住友系)の信託報酬率からポイントを利用して割引いた数値を比較してみると、共に僅差ですが海外株式はニッセイの方がポイントがなくても有利、国内債券は従来のポイントを得られるファンドの方が有利となります。そこで思案なのですが、以下のように考えました。

証券会社のサービスは、その会社独自の制度なので他社との競合もありますが割とあっさりと改変される印象があります。一方で投信委託会社の値決めである信託報酬の方が購入者とのコミットメントが強く、一度下げると再びホイホイ上げることは出来ません。

そう考えるとファンドを長期保有する際に、個別の会社のサービスであるポイントサービスを投信選択の第一にするのは?がつきます。そのような訳で大きな差ではないので、信託報酬の方を重視してファンド選択をしていこうと考えました。
Secret

TrackBackURL
→http://hidepon07.blog82.fc2.com/tb.php/37-64a2133e